新つなぐ★ひろがる★ときめく ”鉄道・バスブログ”

Yahoo!ブログから、完全移行しました。

鉄道模型・Nゲージ

【KATO】新製品情報発表! E261系『サフィール踊り子』、京急230形、高松琴平電鉄30形を製品化

KATOは本日、2021年2月~4月に発売予定の新製品情報を発表しました。 今回、発表された商品の一番の目玉は、JR東日本の豪華観光特急E261系『サフィール踊り子』の製品化と、以前にホビーセンターカトーで限定販売されていた、京急230形が4両編成で製品化され…

【ポポンデッタ】阪急1000系・1300系は9月発売予定?

発売が大幅に遅れている、ポポンデッタから発売予定の阪急1000系・1300系ですが、ポポンデッタの発表によると9月発売になる様です。 ポポンデッタメーカー部門のTwitterに発売前の最終チェックの状態の画像が投稿されていました。 試作品を見ると、ポポンデ…

阪急1000系 1001F(宝塚線)

入線日◆2020.05.21 竣工日◆2020.06.11 編成番号◆1001-1501-1601-1051-1151-1551-1651-1101 行先表示◆特急日生エクスプレス|日生中央 KATOカプラー化◆2020.05.25 TNカプラー化◆2020.06.10 その他の作業◆ ・ボディーとクーラーの墨入れ:2020.05.22 ・転落防止…

【鉄道模型】阪急1000系1001F 完成!

ディテールアップ作業を行っていた、グリーンマックスの阪急1000系1001Fの作業が完了しました。 1001F(大阪寄り) 1001F(宝塚寄り) 一応、ディテールアップ作業は完了しましたが、ハンドスコッチ等のパーツ取り付けの追加作業を行うかもしれませんが、その時…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その17》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その17です。 今回は行先表示幕ステッカーの取り付けです。 正面と側面に行先表示ステッカーを貼り付けました。 通電させてみました。 ストロボの関係でわかりにくいですが、中々良い感じになったんじゃないかと思いま…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その16》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その16です。 今回はRC阿波座の先頭車パーツ取り付けです。 乗務員用ステップとスカートの裏側にホーンカバーを取り付けました。 仮組みした状態です。 パーツを取り付けましたが、ダミーカプラーがイマイチ気に入らな…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その15》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その15です。 今回は座席パーツを床板に取り付けです。 床板と床面の色が異なりますが・・・(^^; 今回は以上になります。 お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m ◆阪急1000系1001Fディテールアップ作業(過去…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その14》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その14です。 今回はドアコックインレタの貼り付けです。 世田谷総合車両センターのドアコックインレタを購入し貼り付けました。 若干の歪みがありますが、ちょっとしたアクセントになって良いですね。 今回は以上にな…

【TOMIX】近鉄80000系”ひのとり” 2020年11月発売予定!

TOMIXは昨日(11日)に3月にデビューした近鉄の新型名阪特急80000系”ひのとり”を2020年11月に発売すると発表しました。 https://www.tomytec.co.jp/tomix/information/img/pdf/poster200611-2.pdf https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/img/20200611-1.pd…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その13》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その13です。 今回は妻面に貫通幌の取り付けです。 貫通幌にはKATOの阪急9300系用の貫通幌を使用します。 KATOの阪急9300系には両サイドに貫通幌が取り付けられていますが、実車は片側の取り付けなので、実車に合わせて…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その12》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その12です。 今回はパンタグラフと屋根上機器の取り付けです。 パンタグラフはKATOの285系用のものに交換しました。 そのまま取り付けるだけでもOKなのですが、今回はシルバーに塗装を行う事にしました。 塗装が乾燥し…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その11》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その11です。 今回は無線アンテナの取り付けと、正面ガラスパーツにインレタの貼り付けです。 無線アンテナをそのまま取り付けてもOKなのですが、TAMIYAのアクリル塗料(XF-18:ミディアムブルー)を塗装して取り付けまし…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その10》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その10です。 今回はドアステッカー(広告)と優先座席ステッカーのインレタの貼り付けです。 ドアステッカー(広告)と優先座席インレタは、世田谷総合車両センターのいんれたを使用しました。 ドアステッカーはガラスパー…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その9》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その9です。 今回は台車に速度検知器の取り付けと空気バネ部分の塗装です。 速度検知器はレールクラフト阿波座のRCA-P021阪急先頭車前面床下パーツセットから使用しています。 空気バネ部分は、TAMIYAのエナメル塗料の…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その8》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その8です。 今回は座席パーツに仕切りの取り付けです。 座席パーツに仕切りの大と小の2種を取り付けました。 大は0.5mmのプラ板を3mm×3.5mmにカットしたものを、更に斜めにカットします。 小は、大と同じく0.5m…

【鉄道模型】KATO阪急9300系の正面ダミーカプラーを交換

でんしゃふぁくとりーから、KATOの阪急9300系用の正面ダミーカプラーの3Dパーツが発売。 未塗装と塗装済の2種類が発売されていたので、塗装済のパーツを早速購入し取り替えました。 パーツをそのまま取り付けても問題ないのですが、取り付け前に電連カバー部…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その7》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その7です。 今回は妻面の貫通扉の塗装です。 妻面の貫通扉にTAMIYAのアクリル塗料(X-09)ブラウンを使用しました。 実車の貫通扉は濃い目の色だったので、ブラウンが適しているのではと思います。 今回は以上になりま…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その6》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その6です。 今回はパンタ付き車両とFOMAアンテナの配管塗装です。 Mr.カラーの《338》ライトグレーを極細の面相筆を使って配管を塗装しました。 若干粗が目立ちますが、はみ出た部分は修正を行います。 配管塗装はか…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その5》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その5です。 今回はスカートの塗装です。 Mr.カラースプレーのNo.97(灰色9号)を塗装しました。 ダミーカプラーを少し加工したのですが、TNカプラーに加工するか3Dパーツなどに交換するか考え中です。 今回は以上にな…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その4》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その4です。 今回は台車軸に色入れです。 面相筆を使い、エナメル塗料のブラックを台車軸部分に色を入れました。 はみ出た部分はエナメル塗料での塗装なので爪楊枝などで擦れば簡単に取り除くことが出来ます。 今回は…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その3》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その3です。 今回は座席パーツの塗装です。 座席パーツも阪急の座席の色に合わせて、グリーンのパーツになっていますが、実車の色とは全く異なるので、実車より若干濃い感じになりますが、Mr.カラースプレーの(18:濃…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その2》

阪急1000系1001Fディテールアップ作業 その2です。 今回は転落防止幌部分の塗装です。 製品化された阪急1000系は、今まで発売された阪急の車両とは異なり、転落防止幌まで再現されていますが、残念ながらマルーンに塗装された状態だったので、TAMIYAのエナ…

【鉄道模型】阪急1000系1001F ディテールアップ作業 《その1》

先日入線した、グリーンマックスの阪急1000系1001Fのディテールアップ作業に取り掛かります。 車体を分解し、屋根とクーラーを取り外し、車体は先頭車両の前照灯パーツ、ガラスパーツや足回りを全て取り外します。 車体にあらかじめ、各車両にマスキングテー…

【鉄道模型】GM阪急1000系1001F(宝塚線)が入線

発売から1週間遅れになりますが、グリーンマックスの阪急1000系1001F(宝塚線)が、本日入線しました。 ↑開封してすぐの状態です。 付属の行先表示ステッカーです。 上:梅田側4両、下:宝塚側4両 床下機器など、かなり凝った造りになっているので、購入して…

【鉄道模型】KATO阪急9300系に動く転落防止幌を取り付け

先日購入した、京神模型から発売された阪急9300系用の動く転落防止幌のパーツ加工&取り付けを行いました。 パーツは8両分と予備に左右1個ずつあります。 表になる幌部分はマルーンに塗装されています。 縦の軸部分が未塗装状態なので、GMの鉄道カラー”マル…

【鉄道模型】阪急6016Fのクーラー付け直しと車外スピーカーの点検蓋を取り付け

先日、GM阪急6050Fのクーラーを付け直しと車外スピーカーの点検蓋を取り付けを行いましたが、6016Fのクーラーについても、6050Fと同様に不自然に浮いた状態だったので、浮いているクーラーを取り外し、取り付け部分を加工と車外スピーカーの点検蓋を取り付け…

【鉄道模型】阪急6000系と7000系に排障器を取り付け

今回の模型弄りは、グリーンマックスの阪急6000系(6050Fと6016F)・7000系(7031F)の台車に排障器を取り付けました。 排障器はレールクラフト阿波座の”阪急 先頭車前面床下パーツセット”にある排障器を使います。 こちらはエッチングパーツでかなり細かく、折…

【鉄道模型】阪急6050Fのクーラーを取り付け直し

新型コロナウイルス拡散防止による緊急事態宣言が全国に発令され、不要不急の外出を自粛する様にと言われています。 この異常事態の状態が3週間続き、ストレスが溜まっている人も多いかと思います。 こんな時、鉄道模型を趣味にしている人は、模型弄りが最適…

【鉄道模型】動く転落防止幌

阪急モデラーにとって魅力的なパーツ『転落防止幌』が、京神模型より発売されました。 この転落防止幌は、ただの転落防止幌ではなく、幌以外の部分はエッチングになり、可動式になっているのです。 阪急の転落防止幌が発売される前、昨年末頃に鉄コレの北大…

【マイクロエース】新型コロナウイルスの影響で、製品出荷について公式サイトに記載

マイクロエースは2月末に、新型コロナウイルスの感染者拡大による影響で、生産国での物流・人員・部品調達などの混乱で影響が出ており、出荷予定の製品に遅延が生じる事のお詫びを公式サイトに記載。 遅延の状況については、各製品によって状況が異なる事か…